ここから本文です

RADWIMPS連続1位&3タイトルがトップ10に!しのぎを削るアニメ主題歌、あのEDが2位

Billboard Japan 8月31日(水)15時0分配信

 Billboard JAPAN アニメチャート“HOT Animation”は前回に引き続きRADWIMPS「前前前世」(映画『君の名は。』主題歌)がトップとなった。

 「前前前世」は前回から2倍以上の総合ポイントで1位となり、トップ20に、6位「スパークル」、8位「なんでもないや」、12位「夢灯籠」がチャートイン。いずれも同映画の主題歌となっており、集計期間中の地上波での初パフォーマンスや映画の公開などの影響も、HOT Animationチャートインへの勢いを加速づけた結果となった。
 
 2位はAqours「ユメ語るよりユメ歌おう」(アニメ『ラブライブ!サンシャイン!!』エンディング)で、パッケージセールス、またPCによるCD読み取り数“ルックアップ”のそれぞれのポイントでトップとなり、HOT Animationの2位に。CDを手にしたユーザーの多くが、パソコンにリッピングするのも特徴的だ。
 
 今回のトップ10は、映画『君の名は。』以外の楽曲はアニメ主題歌となる。中でも、3位「Brave Freak Out」LiSA(アニメ『クオリディア・コード』オープニング)、4位「風ノ唄」FLOW(アニメ『テイルズ オブ ゼスティリア ザ クロス』オープニング)は、パッケージセールス以外に、ラジオでのオンエア回数、デジタルダウンロード回数、ルックアップ、Twitterへのつぶやきなどで高ポイントを積み上げた。HOT Animationでは、曲との“接触”方法が多岐に渡ることが上位なるカギとなる。

◎【JAPAN Hot Animation】トップ10
1位「前前前世」RADWIMPS
2位「ユメ語るよりユメ歌おう」Aqours
3位「Brave Freak Out」LiSA
4位「風ノ唄」FLOW
5位「Paradisus-Paradoxum」MYTH & ROID
6位「スパークル」RADWIMPS
7位「Stay Alive」エミリア(高橋李依)
8位「なんでもないや」RADWIMPS
9位「絶対零度θノヴァティック」Kalafina

最終更新:8月31日(水)15時0分

Billboard Japan

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。