ここから本文です

ジャスティン・ビーバー、ギネス世界記録で8タイトル獲得

Billboard Japan 8月31日(水)18時10分配信

 ジャスティン・ビーバーが8つの新ギネス世界記録を保持することが明らかになった。ギネスによると、8つの記録は音楽ストリーミング配信サービスSpotify(スポティファイ)での功績やヒットチャート制覇によるものだという。

 ビーバー(22)が『ギネス世界記録 2017』にて認定されたのは次の8つだ。Spotifyで1週間に最も多くストリーミングされた曲(「What Do You Mean?」30,723,708回)。Spotifyで1週間に最も多くストリーミングされたアルバム(『パーパス』2億500万回)。2015年12月に記録した米ビルボード・ソング・チャート“Hot 100”で同時ランクインした最多曲数(17曲)。全英シングル・チャートのトップ3に同時ランクインした初のアーティスト(1位:「Love Yourself」、2位:「Sorry」、3位:「What Do You Mean?」)。米ビルボード・ソング・チャート“Hot 100”で同時にニューエントリーさせた曲数(13曲)。ツイッターのフォロワー数(82,235,563人)。YouTube最多登録者数を持つ男性(20,711,202人)。YouTube音楽チャンネルにおける最多再生数(10,478,651,389回)。

 なお、ジャスティン・ビーバーは先日、ニューヨークで行ったマディソン・スクエア・ガーデン公演の前にギネスのスタッフチームから認定証を受け取った。

最終更新:8月31日(水)18時10分

Billboard Japan

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。