ここから本文です

板野友美、奥華子、塩ノ谷早耶香、平井大が奈良県・平城宮跡でスペシャルライブ!レポートが到着!

Billboard Japan 8月31日(水)20時0分配信

 8月27日、奈良県・平城宮跡第一次大極殿特設ステージで行われたイベント【平城京天平祭 FM OSAKA Fantastic LIVE】に、板野友美、奥華子、塩ノ谷早耶香、平井大が出演した。

 このイベントは、"古都奈良の文化財"として世界遺産に登録されている平城宮跡で毎年開催されている【平城京天平祭】の一環として『天平たなばた祭り~平城京天平祭・夏~』(8/26~28の3日間開催)に於いて、スペシャルステージイベントとして行われた。そんな当日のレポートが到着した。

 晴天の中、会場には約3,000人の観客が来場。トップバッターの塩ノ谷早耶香は、デニムパンツでキュートなガーリースタイルで爽やかに登場し、メジャーデビュー曲「Dear Heaven」やヒット曲「Like a flower」など6曲を歌唱。持ち前の伸びやかな歌声を聴かせ、積極的に観客を乗せていった。

 続いて、シンガーソングライター奥華子が登場。「見渡す限りの広い空、そして世界遺産の前で、緊張します!」と言いながらも、「ほんとにロマンチックな、一年に一度逢えるという、そんな、素敵なたなばた祭りにはやっぱりラブソングかなと。きっと1300年前からいろんな恋物語があったんじゃないかなと思い、奥華子の失恋ソングの中で最も失恋している曲を敢えて歌わせていただこうと思います」と、思いを馳せての「初恋」、また、今年11周年の奥華子が9月21日にリリースするというニューシングル「想い出になれ」など、弾き語り5曲を演奏し、観客を惹きつけた。

 中盤で板野友美がダンサーとともに登場。「奈良に来るのはなんと中学生の修学旅行以来です」とコメントし、「道にたくさん鹿がいて普通に歩いていてビックリして思わず記念撮影を沢山しました!」と10年ぶりに奈良を訪れて楽しんだ様子が伺えた。「パーティーチューンの曲が多くなっているんですけど、一緒にノッて身体を動かして、汗をかいて帰って頂けると嬉しい。ほんとに沢山の方が来て下さってすごく嬉しく思います。」とコメントし、ノリのいいナンバーで一気に会場を盛り上げた。

 トリは平井大。幻想的なステージに平井大が登場すると、観客は大歓声。ライトアップされた大極殿を背に、バンドスタイルで魅せるパフォーマンスは圧巻。i-Tunes Storeでランキング1位を獲得している「Life is Beautiful」など6曲を披露し、観客と波長を合わせながら、夏にぴったりのナンバーで最後まで盛り上げ、大極殿や燈花会の美しい光とともに、会場は心地よい一体感に包まれ、イベントの締めくくりを飾った。

◎イベント概要
【平城京天平祭FM OSAKA Fantastic LIVE】
日時:8月27日(土) <終了>
会場:平城京天平祭第一次大極殿特設ステージ
出演:板野友美、奥華子、塩ノ谷早耶香、平井大(五十音順)
MC:赤松悠実(FM OSAKA DJ)
観覧:無料

最終更新:8月31日(水)20時0分

Billboard Japan