ここから本文です

フォルクスワーゲン・モータースポーツ、スベン・スミーツを新ディレクターに起用

オートスポーツweb 8月31日(水)12時59分配信

 フォルクスワーゲン・モータースポーツの新ディレクターに、現役時代シトロエンでコドライバーを務めていたスベン・スミーツが就任した。

 、長年フォルクスワーゲン・モータースポーツ代表だったヨースト・カピートがマクラーレンに移籍することを受けて、新代表に就任したスミーツ。今後はフォルクスワーゲンブランドとして行われるモータースポーツ活動をすべて統括することになる。

 スミーツは、フォルクスワーゲンがWRCプログラムを開始した2012年にシトロエンから移籍。その後はチームマネージャーを務めたほか、今年上旬にはスポーティングディレクターにも就任している。

 また、新代表就任にあわせ、テクニカルディレクターとエンジン開発責任者も一新。テクニカルディレクターにはフランソワ・クサビエ・ドゥメゾンが、エンジン開発責任者にはDr.ドナタス・ヴィッチェルハウスが就任している。

 チームをWRC常勝チームに導き、マクラーレンへ旅立つカピートは、スミーツが引き続き、チームに成功をもたらすと確信していると語った。

「シーズン終了まで、まだ4カ月の猶予がある。今、チームを離れるのがベストだと思ったんだ」とカピート。

「今なら、私の後継者も新型マシンの開発に立ち会うことができ、来シーズンに万全の体制で望めるだろう」

「チーム(フォルクスワーゲン・モータースポーツ)は、これまでと変わらず成功を収めるだろう。基礎的な部分は確立されているから、パフォーマンスが落ちることはないはずだ」

 フォルクスワーゲンはカピートの指揮下で、2013年からWRCにポロR WRCで参戦。これまで48戦中38勝という圧倒的な成績を残している。今季もワークスドライバーのセバスチャン・オジエとともにポイントランキングを独走。シリーズ4連覇へ王手をかけつつある。

[オートスポーツweb ]

最終更新:8月31日(水)13時18分

オートスポーツweb

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。