ここから本文です

喜矢武豊、山田裕貴&遠藤雄弥の熱演に「役者さんってすごい」

クランクイン! 8月31日(水)7時0分配信

 ゴールデンボンバーの喜矢武豊が、自身のブログで山田裕貴、遠藤雄弥らが出演した舞台『宮本武蔵(完全版)』を観劇したことを報告。「役者さんってすごいなぁ」と2人を称賛するコメントと共に同舞台から刺激を受けたようだ。

【関連】「喜矢武豊」フォトギャラリー


 喜矢武と、山田、遠藤は『HiGH&LOW』で共演していた間柄。そのこともあり、広島から戻ってきた後に同舞台を観に行ったと報告。「いやぁBGMも効果音もほとんどなくほぼ役者さんの演技のみの演出で圧倒されました」と感想を綴り、「とても面白かったし喜劇であり色々考えさせられる舞台でした」と刺激を受けたようだ。

 ブログには「充実した時を過ごせたみたいで何より。舞台観に行けて良かったね」「喜矢武さんの舞台また観たいですわー」「観劇が続きますね。もう来年のきゃんさんの舞台に期待しかしませんよ」「喜矢武さんのお芝居楽しくて大好きだから、またお芝居してねー!」など、役者・喜矢武に期待するコメントが多数寄せられている。

最終更新:8月31日(水)7時0分

クランクイン!

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。