ここから本文です

山田涼介主演『ハガレン』クランクアップ! 原作者&監督は“手応え”あり

クランクイン! 8月31日(水)8時0分配信

 Hey! Say! JUMP・山田涼介主演で実写映画化される『鋼の錬金術師』が、8月26日に無事にクランクアップ。原作者の荒川弘は映画の世界観に満足したそうで、メガホンを取った曽利文彦監督も「新たな日本映画の可能性を追求した」と手応えを感じている。

【関連】「本田翼」フォトギャラリー


 原作は、月刊「少年ガンガン」にて2001年から2010年に連載された、荒川弘の代表作。錬金術が存在する世界を舞台に、エドワード&アルフォンス・エルリック兄弟の冒険を描いた。実写版には、主演の山田をはじめ、本田翼、ディーン・フジオカ、松雪泰子という豪華キャストが集結。撮影は、世界観の表現を追求して、街の建物などにかつて実際に錬金術師が存在した名残があるイタリアで6月にクランクインし、日本各地でのロケを経て、8月26日にクランクアップを迎えた。

 撮影中盤の8月5日に撮影現場を訪れた原作者の荒川は、キャスト・スタッフにねぎらいの言葉をかけると、精巧に作られた衣装やセットに興味深く見入り、作品の世界感が見事に表現されていることに満足したという。そして、現場に掲げてあった看板に直筆でイラストを描き、キャスト・スタッフ一同はより一層に士気を高めて、クライマックスシーンの撮影に挑んだ。

 約3カ月間に及んだ撮影を終えた曽利監督は「制作においてはこれまでの日本映画ではやったことのない撮影スタイルを取るなど、新たな日本映画の可能性を追求してきました。イタリアでの撮影から始まり、約3カ月、キャスト、スタッフと共にリアルな映像については撮るべきものは撮れましたので、後は私には作品を完成させる義務があります」と並々ならぬ決意を示している。

最終更新:8月31日(水)15時15分

クランクイン!