ここから本文です

『おそ松さん』、歌舞伎とコラボ決定! 6つ子が華麗な衣裳で伝説の役柄に

クランクイン! 8/31(水) 11:20配信

 松竹が、studioぴえろと協業し、同社制作のテレビアニメ『おそ松さん』と、日本の伝統文化である歌舞伎のコラボレーション商品プロジェクトを始動。缶バッジや掛け軸など、多彩な商品が発売されることとなった。

【関連】『おそ松さん』×歌舞伎コラボ商品フォトギャラリー


 商品化の際にモチーフとなるコラボイラストは、松竹 演劇開発企画部による企画・監修のもと、アニメ本編を制作したstudioぴえろが新しく描き起こしたものを採用。6つ子それぞれのキャラクターやイメージカラーを念頭に置きながら、ふさわしい歌舞伎の役柄を絞り込み、細部にもこだわったデザインになっている。

 本プロジェクトの第1弾商品は、9月16日に発売となる。松竹 事業部では、歌舞伎揚、アクリルキーホルダー、缶バッジ、クリアファイル、手ぬぐい、手鏡、巾着、あぶら取り紙を開発し、松竹歌舞伎屋本舗、松竹マルチプレックスシアターズ(SMT)系列劇場・全27館、Froovie(通販サイト)にて展開するという。

 さらに、松竹ナビの企画提案により、「楽天アプリ市場コレクション」では、のれん、クリアポスター、ミニトート、ハンドタオル、ウォールステッカー、掛け軸をリリース。また、ファミリーマート店頭のマルチコピー機では、「ファミマプリント」でブロマイドの発売を行う。なお、年内には第2弾として、まったく違う絵柄(新規描き起こし)の商品化も予定しているという。

最終更新:8/31(水) 11:20

クランクイン!

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

失うことで不完全さの中に美を見出した芸術家
画家のアリッサ・モンクスは、未知のもの、予想しえないもの、そして酷いものにでさえ、美とインスピレーションを見出します。彼女は詩的で個人的な語りで、自身が芸術家として、そして人間として成長する中で、人生、絵の具、キャンバスがどう関わりあってきたかを描きます。 [new]