ここから本文です

綾野剛が声優挑戦!「FF15」と同じ世界観を共有するフルCG大作、デジタル配信

クランクイン! 8月31日(水)15時47分配信

 スクウェア・エニックスが誇る国民的RPG「ファイナルファンタジー」シリーズ。その最新作『FINAL FANTASY XV』(11月29日発売)と同じ世界・時間を共有するフルCG長編映画『KINGSGLAIVE FINAL FANTASY XV(キングスグレイブ ファイナルファンタジーXV)』のデジタル配信が8月30日に遂にスタートした。

【関連】『KINGSGLAIVE FINAL FANTASY XV』フォトギャラリー


 魔法国家ルシスの国王でゲーム版の主人公であるノクティスの父レギスの視点から、父と子の絆が重厚なストーリーと圧巻のCG映像で描かれる超大作『KINGSGLAIVE FINAL FANTASY XV』。ディレクターは『ファイナルファンタジーVII アドベントチルドレン』でCGディレクターを務めた野末武志、脚本は『GTO』『クローズEXPLODE』などの話題作を手掛けてきた長谷川隆が担当。

 字幕版の声優には、『ブレイキング・バッド』のアーロン・ポール、『ゲーム・オブ・スローンズ』のショーン・ビーン、レナ・ヘディといったハリウッドの人気海外ドラマで有名な人気スターを起用。

 さらに日本語版の声優も豪華キャストが集結。ルシス国王直属部隊「王の剣」のニックス・ウリックの声を綾野剛、ヒロインのルナフレーナ役を忽那汐里が演じている。さらに磯部勉、山寺宏一、かぬか光明、関智一、藤村歩といった実力派声優陣も顔を揃えている。

 世界最高水準のCG技術をフルに盛り込み、ハリウッドのアクション映画を見る感覚で、「ファイナルファンタジー」の世界を気軽に楽しめる作品に仕上がった本作。「KINGSGLAIVE FINAL FANTASY XV(3年レンタル)」は「クランクインビデオ」で8月30日デジタル配信、販売価格はHD:2500円、SD:2000円(税込)。

最終更新:8月31日(水)17時4分

クランクイン!

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。