ここから本文です

波瑠、『24時間テレビ』を通して得たものを実感「大きなパワーをもらいました」

クランクイン! 8月31日(水)19時15分配信

 女優・波瑠が30日、自身のブログにて、チャリティーパーソナリティを務めた日本テレビの特別番組『24時間テレビ 愛は地球を救う』(27~28日放送)出演を経て感じた思いを綴っている。

【関連】「波瑠」フォトギャラリー


 ブログで波瑠は、同番組スタッフやキャストらへのねぎらいと感謝の言葉を伝え「様々なことを成し遂げる姿を間近で見られて、大きなパワーをもらいました。みんなと心を一つにして立ち向かっていく姿には、言葉にはできないほどの感動をもらいました」と振り返る。

 そして「幸せになること、夢を見ること、愛し愛されること、勇気を持つこと、その権利を持たない命なんてない。そこに境界線なんてないんだと。それをひとりひとりが信じていくことから、何かが変わっていくんじゃないですかね」と、同番組出演を経て感じた思いを記している。

 波瑠のブログには、「多くの方との出逢いの中で、沢山の事を感じる事が出来て、それを今後の糧にし自らのお仕事や芝居の表現にも役立ちますように」「波瑠ちゃんのコーナーもちゃんと見ました!色々と考え直さなければいけないことが目に見えてきた気がします」「お疲れ様でした!!これからも 頑張って下さいね」「いい思い出ありがとうございます。どうぞこれからもお身体気を付けて頑張って下さい」と波瑠をねぎらうとともに、今後の活動へエールを送る声が多く寄せられている。

最終更新:8月31日(水)19時15分

クランクイン!

豊洲へなぜ市場移転 経緯と課題

築地から市場が移転される豊洲で、都が土壌汚染対策をしていなかったことが発覚。そもそもなぜ豊洲に移転するのか、経緯と課題を知る。