ここから本文です

北海道産の野菜値上がり 相次ぐ台風で前年比1.2~1.5倍

沖縄タイムス 8月31日(水)6時0分配信

 北海道に相次いで台風が上陸し、農産物に被害が出ている影響で、この時期から最も多く出回る道産タマネギやジャガイモ、ニンジンなどの卸値が、県内でも前年比で1キロ当たり約1・2~1・5倍に値上がりしている。市場関係者は被害の拡大や新学期の需要増で、さらに値上がりすると見込んでいる。カレーなど家庭料理になじみ深い野菜の高騰が家計へ影響するのは避けられず、小売業者は少量販売への転換で消費者離れを防ぐ構えだ。(政経部・又吉嘉例)

この記事の他の写真・図を見る

 例年、国産タマネギの総生産量の5割、ジャガイモの8割、ニンジンの3割、ダイコンの1割が生産される北海道。いずれも国内1位を誇るが、8月17~23日に台風7、11、9号が次々と上陸し、タマネギやジャガイモの畑が冠水するなどの被害が出た。

 県中央卸売市場で8月27日に取引された道産野菜の1キロ当たり価格(速報値)は、前年8月31日に比べ、いずれも高値を付けた。タマネギが248円で約1・5倍となったほか、ダイコン261円、ニンジン218円、ジャガイモ215円と、いずれも前年比で約1・2倍となった。

 沖縄協同青果の担当者は「今後は台風の影響に加え、新学期が始まり、全国的に学校給食用の需要が増える」と指摘。「入荷量が減る一方、引き合いは強くなるので、単価を引き上げないと物が入ってこない」と、全国各地の市場との競合で、さらに値上がりすると不安視する。

 また、産地から県内入荷まで1週間から10日かかることから、本格的な影響はこれから出てくるとみている。

 タマネギは国内2位の産地の佐賀県で病気が流行したことで、今年5月頃から出荷減による高値が続いていた。今後、北海道産も出荷減が見込まれることから、引き続き価格の高止まりが続く見通しとなった。

 サンエーやイオン琉球によると30日現在、台風被害による道産野菜の店頭価格への影響はまだ出ていないという。

 ただ、サンエーの担当者は「価格は読めないが、これから上がる見込みだ」と説明。同社では野菜のばら売りや半分にカットしての販売、カット野菜の購入を勧める―などで「買い求めやすいように取り組んでいく」とした。

最終更新:8月31日(水)14時35分

沖縄タイムス