ここから本文です

汚水1万9千リットル海へ/薬品を排水管に投棄 米軍基地内のずさんな実態

沖縄タイムス 8月31日(水)7時35分配信

 【ジョン・ミッチェル特約通信員】米軍基地内のずさんな廃棄物処理によって汚水などの基地外流出が相次いでいたことが、米軍内部文書で30日までに分かった。人為的なミスにもかかわらず、当局が個人の処罰に及び腰になっている様子もうかがえる。

 情報公開請求で入手した内部文書によると2013年2月、キャンプ瑞慶覧から約1万9千リットルの汚水が基地外に流出し、海に到達する事故があった。基地内に住む海兵隊員が料理油を流し、排水管を詰まらせたのが原因だった。

 だが、在沖米4軍の住宅関係業務を担う空軍の担当者はこの海兵隊員を懲戒しなかった。担当者は内部の電子メールで「彼は海兵隊員だし、乱暴するかもしれないので、むち打つことができない」と書いていた。

 個人の処分を避ける一方、正しい料理油の処理方法を広く周知することを決定。米軍放送でテレビCMを流した。

 この流出事故は、在日米軍から沖縄防衛局に通報されたが、米軍は内部文書で事故原因を「人為的ミス」ではなく「機器の故障」と分類。環境への影響も「最小限」としており、事故を小さく見せようとした可能性がある。

 嘉手納基地では09年11月、煙を発生させる液体薬品を排水管から流した事案があった。製品の説明書で投棄は禁じられていた。

 14年7月には貯蔵期限切れの注射用薬品数百リットルを排水管に投棄。報告書には「もし薬品が比謝川に達したら、住民の怒りを買うだろう」と記されていた。

 牧港補給地区では14年10月、女性の生理用品が集合住宅内で不適切に捨てられ、1900リットルの汚水が漏れた。建物は海から100メートル以内の距離だったが、基地外には流出しなかったとみられる。

 これら三つの事故は日本側には知らされなかった。

最終更新:8月31日(水)16時20分

沖縄タイムス