ここから本文です

2学期スタート 富山市小中学校で始業式

北日本新聞 8月31日(水)12時23分配信

 富山市内のほとんどの小中学校と八尾高校で31日、2学期の始業式が行われた。日焼けした児童・生徒たちが元気に登校し、夏休みの思い出や新学期の目標を語り合った。 富山市鍋田の広田小学校では全校児童414人が体育館に集まり、児童代表が夏休みに頑張ったことなどを発表。松山朋保校長は、リオデジャネイロ五輪で金メダルに輝いた県出身の田知本遥選手と登坂(とうさか)絵莉選手らを紹介し「自分を信じ頑張り続けることを忘れないでください」と呼び掛けた。

 1年生の教室では、夏休みの出来事をそれぞれ話した後、2学期の目標を決めた。悩みながらもそれぞれ紙に書き、安村光瑠(ひかる)君は「漢字とカタカナ、ひらがなを全部覚えたい」、細川凛心(りん)さんは「生き物を大切にして育てたい」と発表した。

 県内では8月29日に立山町の小中学校、30日に富山市の八尾小学校と八尾中学校が始業式を行った。残る13市町村の公立小中学校と大半の高校、片山学園中学校・高校は9月1日を予定する。

北日本新聞社

最終更新:9月15日(木)11時49分

北日本新聞