ここから本文です

西武・秋山から空振り、始球式プロポーズ大成功!「夢だと思った」

ベースボールキング 8/31(水) 20:30配信

 31日の西武-ソフトバンク戦(西武プリンスドーム)前に「始球式プロポーズ」が行われた。

 球団とブライダルリング専門店「アイプリモ」とのコラボ企画で、公募により選ばれた1名の男性が始球式で西武の選手と対決し、ストライクが取れたら彼女にサプライズプロポーズするというもの。

 今回「始球式プロポーズ」に挑戦したのは、松田充功さん(30)。半年ほど前から、交際3年目になる彼女の中川香里さん(26)へのプロポーズの機会を伺っていたが、不器用な性格もあり、なかなかタイミングをつかめずにいたという。

 松田さんは25年間西武の大ファンで、彼女もその影響で一緒に応援するように。2人の思い出の場所である西武プリンスドームでの同企画を知り、「これしかない!」と応募を決意。多数の応募の中から当せんし、マウンドに上がった。

 対戦するのは、松田さんが大ファンであるという秋山翔吾。松田さんは「ストライクが取れたら僕と結婚してください!」と宣言して投球した。

 投球はノーバウンドでキャッチャーに。打席に立った秋山が空振りし、ストライクを奪った。その後、松田さんがひざまずき、差し出した婚約指輪を笑顔で受け取る香里さん。サプライズプロポーズ大成功にスタンドは大きな拍手で祝福。大歓声が幸せな2人を包み込んだ。

 サプライズプロポーズを受けた香里さんは、「夢だと思いました。他の人だと思っていたので、(ビジョンに映し出された時は)まさか自分だとは思いませんでした。同棲して1年が過ぎる時に結婚しようかと普段から話は出ていましたが、まさかこのタイミングだとは…。とにかく驚きです」と感激した。

 この日の“大勝負”ために、会社の昼休みなど同僚と練習を重ねたと話す松田さん。「練習では結構うまくいっていたんですが、いざマウンドにあがるといろいろなことを頭の中で考えてしまって、うまく投げれなかった」と悔やんだが「結果、プロポーズが成功してよかった」と顔をほころばせた。

 投球に点数をつけるとしたら「90点」。「足りなかった残りの10点はこれから二人で築きあげる生活の中で補っていきます」と話し、香里さんと顔を見合わせて微笑んだ。

 打者を務めた秋山は「この度はおめでとうございます。お二人の人生の一大イベントに関わることができて光栄です。僕もプロポーズした時は、とても緊張したことを覚えています。そのプロポーズを球場でするなんで並大抵の勇気じゃないですね。これからもお二人で球場に足を運んでください!充功さん、香里さん、お幸せに!」と祝福した。

BASEBALL KING

最終更新:8/31(水) 20:31

ベースボールキング

なぜ今? 首相主導の働き方改革