ここから本文です

ぼくりり×リアル脱出ゲーム! “パッチワーク”がイベント主題歌に決定

RO69(アールオーロック) 8月31日(水)12時0分配信

ぼくのりりっくのぼうよみの最新アルバム『hollow world』収録曲“パッチワーク”が、新作リアル脱出ゲーム「君は明日と消えていった」の主題歌に決定した。

リアル脱出ゲームは、ネットの無料ゲーム『クリムゾンルーム』を発端に盛り上がった「脱出ゲーム」のフォーマットをそのまま現実世界に移し替えたもので、これまで240万人以上を動員している。

イベントは、リアル脱出ゲームを企画運営する株式会社SCRAPが運営する常設店舗・道玄坂ヒミツキチラボで開催されるもので、参加者が17歳の高校2年生となって、亡くなったはずの幼馴染の女の子から送られてきた手紙の謎を解く、というストーリーになっている。

イベント、リリース情報は以下の通り。

●イベント情報
リアル脱出ゲーム「君は明日と消えていった」
2016年10月7日(金)~2017年2月4日(土)
11:00/14:00/17:00/19:30
※平日は14:00/17:00/19:30
※開場は開演の30分前
イベントオフィシャルホームページ:http://realdgame.jp/kimiasu/

●作品情報
『hollow world』
発売中
価格:¥2,000(税別)
品番:VICL-64487
<収録曲>
1.Black Bird
2.パッチワーク
3.A prisoner in the glasses
4.Collapse
5.CITI
6.sub/objective
7.Venus
8.Pierrot
9.Sunrise (re-build)

RO69(アールオーロック)

最終更新:8月31日(水)12時0分

RO69(アールオーロック)

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。