ここから本文です

中田ヤスタカ、ローソンクルーをプロデュース! 全店舗を対象にオーディション開催

RO69(アールオーロック) 8月31日(水)20時0分配信

中田ヤスタカが、株式会社ローソン主催のプロジェクト「LAWSON DREAM PROJECT」の第1弾となる「ローソン ドリームアーティストオーディション」に審査員として参加することが明らかとなった。

このプロジェクトは、ローソンHMVエンタテイメントやユナイテッド・シネマなど、エンタテイメントに強いローソングループの力を活かして開催されるもので、アーティストになる夢を持つ女性クルーを応援するという。審査は、2016年9月1日(木)から全国のローソン店舗で働く約17万人のクルー(パート・アルバイト)を対象に行なわれ、今回のオーディションで選ばれた優勝者は、中田ヤスタカのプロデュースにより2017年春にワーナーミュージック・ジャパンよりデビューを果たすことができる。

また、2016年9月2日(金)19:00から同オーディションの特別番組がLINE LIVEにて配信されることが決定した。番組には、「ドリームアーティスト応援団」である三戸なつめ、舟山久美子、ゆうたろうの3名が出演する。

今回、オーディションの開催にあたり、中田ヤスタカと株式会社ローソンの代表取締役・玉塚元一より以下のコメントが届いている。

-------------------------------------------
<プロデューサー・中田ヤスタカ>
新しい作品を生み出すきっかけになるような何かを持った人に出会えればすごくいいなと思っています。そして、さまざまな夢やライフスタイルを持って生きている、たくさんの人の応援になるようなものになれば、と考えています。今後ローソンで働いてみたいという人が増えるような、そんな魅力を持ったアーティストが生まれることを期待しています。

<株式会社ローソン 代表取締 会長CEO・玉塚元一>
LAWSON DREAM PROJECTは、クルーさんの夢を実現するという取り組みですが、このプロジェクトでクルーさんに元気になっていただいて、ローソンそのものの元気につなげていきたいと思います。ぜひローソンの現場で日々がんばっているクルーさんの中から、埋もれた才能を見出していただいて、その人が羽ばたいていけるようなチャンスを作っていただきたいと思います。そうしていただけたら、ローソンファミリー全員で本当にうれしく思います。
-------------------------------------------

オーディションの概要は以下の通り。

●オーディション情報
「ローソン ドリームアーティストオーディション」

【応募資格】
コンテスト応募期間にローソン店舗(ローソン、ナチュラルローソンに限る)のクルーとして勤務している女性で、レーベルやプロダクションに未所属の方。自薦、他薦、年齢は問いません
※応募時点で応募資格を満たす場合でも、2017年4月末時点でローソン店舗のクルーとして勤務していない方は選考対象から除く場合があります
【審査員】
中田ヤスタカ
玉塚元一(株式会社ローソン 代表取締役 会長CEO)他
【応募期間】
2016年9月1日(木)~12月31日(土)
【応募方法】
「ローソン ドリームアーティストオーディション」専用ホームページの応募フォームに氏名、勤務店舗、志望動機などを記入し、ご自身の写真(3パターン)を添付いただくことでご応募いただけます
専用ホームページリンク:http://www.lawson.co.jp/lab/dreamaudition/
【審査方法】
専用応募フォームでに応募いただいた後、通過者は2017年2月に実施予定の公開オーディションにご参加いただき優勝者を決定いたします

RO69(アールオーロック)

最終更新:8月31日(水)20時0分

RO69(アールオーロック)

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。