ここから本文です

花のリゾート公園つくろう

紀伊民報 8月31日(水)16時33分配信

 和歌山県田辺市たきない町の新庄総合公園を県内一の花のリゾート公園にして観光客を呼び込もうと、市民団体「和歌山紀南花のリゾート公園を実現する会」(仮称)が29日、市に構想を提案した。古守一晶代表は「花は人を呼べる。自治体、企業、市民の連携で実現したい」と話した。

 新庄総合公園は23ヘクタールの都市公園。1999年の南紀熊野体験博のシンボルパークで、2011年の全国植樹祭の会場にもなった。公園内に美術館や野外音楽堂があり、県の情報交流センター「ビッグ・ユー」も隣接している。

 古守さんは「ゼロからでなく、花の公園となる骨格はかなりできている。隣の白浜町には年間300万人が訪れており、花の公園を観光コースに組み入れ、レストランや物産販売所も整備できれば経済効果も期待できる」と林誠一建設部長に展望を語った。

最終更新:8月31日(水)16時33分

紀伊民報