ここから本文です

バルサが“第4のFW”にアルカセルを獲得! 違約金は約115億円に設定

SOCCER KING 8/31(水) 0:32配信

 バルセロナは30日、バレンシアからスペイン代表FWパコ・アルカセルを獲得したことをクラブ公式サイトで発表した。

 アルゼンチン代表FWリオネル・メッシ、ウルグアイ代表FWルイス・スアレス、そしてブラジル代表FWネイマールからなる“MSN”に次ぐFWの獲得に向けて動いていたバルセロナ。これまで補強は難航していたものの、ついに“第4のFW”確保に成功した。

 発表によると、P・アルカセルの契約期間は5年間で、移籍金は3000万ユーロ(約34億2000万円)。さらにボーナスで200万ユーロ(約2億3000万円)が加えられる可能性があるという。契約解除の違約金は1億ユーロ(約115億円)に設定されている。

 同選手は、クラブ公式サイトを通じて、「ビッグクラブに加入できて嬉しいよ。ここではハードワーク、謙虚さ、そしてプロ精神を見せていく。FWはゴールのために生きている。その点において、ラッキーであることを願うよ。メッシ、ネイマール、スアレスの3人は世界最高の選手たちだ。彼らのそばでプレーできるのは名誉なことだよ」とコメントした。

 P・アルカセルはバレンシアの下部組織出身で、昨シーズンのリーガ・エスパニョーラで13ゴールをマークし、2014-15シーズンに続いて2シーズン連続となるリーグ戦2ケタ得点を記録。23歳の誕生日を迎えた8月30日に、バルセロナ加入が正式発表となった。

 なお、バルセロナは同日に、スペイン代表FWムニル・エル・アダディが、バレンシアにレンタル移籍することも発表している。

SOCCER KING

最終更新:8/31(水) 3:00

SOCCER KING

スポーツナビ サッカー情報

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

あなたが同僚の給料を知るべき理由
あなたの給料はいくらですか? 同僚と比べてその金額はどうでしょうか? あなたは知っておくべきだし、同僚もまたしかりだと、経営研究者のデビッド・バーカスは言います。このトークでバーカスは、給料は秘密にするものという文化的前提に疑問を投げかけ、給料を公開することがなぜ従業員、組織、社会にとって良いことなのか、説得力ある議論を展開します。 [new]