ここから本文です

清武ら加入で出場減のコノプリャンカ、シャルケへの1年ローンが決定

SOCCER KING 8月31日(水)12時18分配信

 DF内田篤人が所属するシャルケは30日、日本代表MF清武弘嗣が所属するセビージャから、ウクライナ代表MFイェウヘン・コノプリャンカをレンタルで獲得したとクラブ公式HPを通じて発表した。

 同サイトによると、シャルケはコノプリャンカを2017年6月30日までの期限付きでセビージャから獲得。同契約には買い取りオプションも付随しているという。また、コノプリャンカが背番号「11」を着用することも同時に発表されている。

 現在26歳のコノプリャンカは、昨夏にドニプロ・ドニプロペトロウシクからセビージャへ加入。同クラブでは公式戦通算54試合に出場し9得点を記録すると、ヨーロッパリーグ優勝も経験した。

 クラブは今夏の移籍市場で清武のほか、イタリア人FWフランコ・バスケス、アルゼンチン代表FWルシアーノ・ビエット、ブラジル代表MFガンソを獲得するなど積極的な補強に動いた。その影響で、背番号「10」を与えられたコノプリャンカだが、これまでのリーガ・エスパニョーラ2試合では出場機会を与えられていなかった。

 それでも、シャルケのマルクス・ヴァインツィアル監督は、「スピードがあり、得点の奪えるウインガーを獲得できて嬉しい。コノプリャンカは豊富な経験をチームにもたらしてくれる。彼は国際レベルで頻繁に出場していたからね」と期待を寄せた。

SOCCER KING

最終更新:8月31日(水)12時18分

SOCCER KING

豊洲へなぜ市場移転 経緯と課題

築地から市場が移転される豊洲で、都が土壌汚染対策をしていなかったことが発覚。そもそもなぜ豊洲に移転するのか、経緯と課題を知る。