ここから本文です

エース家長、左足一閃で値千金の決勝ゴール 大宮が横浜FMに競り勝つ

SOCCER KING 8/31(水) 21:01配信

 2016JリーグYBCルヴァンカップ準々決勝第1戦が31日に行われ、大宮アルディージャと横浜F・マリノスが対戦した。

 ともにグループステージを勝ち抜いたチーム同士の一戦。今季の2016明治安田生命J1リーグでは2戦2分けの戦績となっている。クラブ初のベスト4を目指す大宮は、FW家長昭博やMFマテウスらがスタメンに名を連ねた。対する横浜FMは、好調のMF齋藤学のほかMF兵藤慎剛、FW伊藤翔らを先発起用。2013年以来の準決勝進出を目指す。

 試合開始から両チームともにシュートシーンを作れない時間が続く。

 しかし23分、大宮はロングフィードを前線の家長が頭で落とすと、ボールを拾ったマテウスがDFをかわしてコントロールシュート。するとボールはゴール左隅へ吸い込まれ、ネットを揺らした。ホームの大宮が先制に成功する。

 勢いに乗る大宮は29分、右サイドをパスワークで崩し、家長がエリア右に進入。そのまま右足でシュートを打った。しかしこれはGK榎本哲也がボールをキャッチ。失点を阻止する。

 直後の31分、横浜FMにアクシデント発生。ファビオが足の痛みを訴え、DF栗原勇蔵との交代を余儀なくされた。この後スコアは動かず、大宮が1-0とリードしたままハーフタイムへ突入する。

 55分、追加点を狙う大宮は敵陣でボールを奪取。一気にカウンターを仕掛けると、最後は家長が左足でミドルシュートを放った。だがこれはポスト右へ外れる。直後の56分、右サイドを駆け上がったマテウスがクロスを上げると、ファーサイドで大屋翼が合わせた。するとここでGK榎本がビッグセーブを見せ、チームを救う。

 ペースを掴めない横浜FMは59分、カイケを投入して攻撃の活性化を図る。

 それでも、大宮の勢いは止まらない。70分、渡部大輔が右サイドから上げたアーリークロスにエリア内でフリーとなった江坂任がヘディングシュート。しかし再びGK榎本が立ちはだかり、追加点を許さない。

 すると直後の71分、横浜FMは右サイドの小林祐三がオーバーラップを仕掛け、弾道の低いクロスを供給。これにファーサイドの金井貢史が右足でミートすると、ボールはクロスバーに当たってゴールへ入った。

 同点に追いつかれた大宮は85分、ドラガン・ムルジャをピッチへ送り込み、勝ち越しゴールを狙う。

 すると87分、大宮は敵陣左でマルティノスからボールを奪うと、エリア内の家長へパス。フリーの家長はすぐさま左足を振りぬくと、ボールはGK榎本の手を弾き、ゴールネットを揺らした。

 横浜FMは同点を目指すものの、後半アディショナルタイム4分を含めてもゴールを奪えず。大宮が2-1で勝利を収め、2戦目へ臨むこととなった。

 準々決勝第2戦は9月4日にニッパツ三ツ沢球技場で開催される。

【スコア】
大宮アルディージャ 2-1 横浜F・マリノス

【得点者】
1-0 23分 マテウス(大宮)
1-1 71分 金井貢史(横浜FM)
2-1 87分 家長昭博(大宮)

SOCCER KING

最終更新:8/31(水) 21:01

SOCCER KING

スポーツナビ サッカー情報

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

E.T.は(多分)いる -- 心して待て
SETIの研究者であるセス・ショスタックは24年以内に地球外生命体を発見できると賭けを申し出ます。そうでなければコーヒーを一杯おごると。何故、発見できるのか。そして、はるかに進んだ社会を発見することによって人類はどう影響を受けるのかについて語ります。