ここから本文です

広島、柴崎弾で先制も逃げ切れず G大阪が終盤のゴールでドローに持ち込む

SOCCER KING 8月31日(水)20時56分配信

 2016JリーグYBCルヴァンカップ準々決勝第1戦が31日に行われ、サンフレッチェ広島とガンバ大阪が対戦した。

 両者はすでに今季の明治安田生命J1リーグでの対戦を終え、G大阪が2戦2勝と勝ち越している。ホーで第1戦を迎える広島はMF青山敏弘やFWピーター・ウタカらが先発。一方のG大阪は井手口陽介やFWパトリックらがスタメンに名を連ねた。

 先制したのは広島。28分、左サイドからのFKを清水航平がゴール前へ蹴り込むと、エリア内左にこぼれたボールに反応した柴崎晃誠がワントラップから右足のシュートでネットを揺らした。

 1-0のまま後半へ入ると、G大阪は56分にパトリックを下げて長沢駿を投入。広島は59分にウタカを下げて佐藤寿人をピッチへ送り出す。広島は81分、左サイドから佐藤がクロスを上げると、DFのクリアボールがゴール方向へ飛び、クロスバーを直撃。こぼれ球を青山が狙ったが、シュートはDFに阻まれた。

 すると終盤に差し掛かった86分、G大阪はドリブルでエリア内に侵入した呉屋大翔が左足でゴール右にシュートを流し込み、同点に追い付いた。試合はこのまま1-1で終了。G大阪が貴重なアウェーゴールを奪って第1戦を引き分けに持ち込んだ。

 第2戦は9月4日にG大阪のホームで行われる。

【スコア】
サンフレッチェ広島 1-1 ガンバ大阪

【得点者】
1-0 28分 柴崎晃誠(広島)
1-1 86分 呉屋大翔(G大阪)

SOCCER KING

最終更新:8月31日(水)21時2分

SOCCER KING

スポーツナビ サッカー情報

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。