ここから本文です

FC東京、ホームで先勝ならず 福岡が終了間際に貴重なアウェーゴール奪う

SOCCER KING 8/31(水) 21:25配信

 2016JリーグYBCルヴァンカップ準々決勝第1戦が31日に行われ、FC東京とアビスパ福岡が対戦した。

 ホームで第1戦に臨むFC東京は今季の明治安田生命J1リーグで福岡相手に2敗を喫しており、ここでリベンジを果たしたいところ。対する福岡は現在リーグ戦7試合未勝利と苦戦。ルヴァン杯の2連戦で勝利を取り戻し、復調のきっかけとしたい。FC東京はFWムリキやFW前田遼一が、福岡はFW城後寿やFW金森健志らが先発起用された。

 一進一退の攻防となった前半は無得点のまま時間が経過。そんななか、FC東京がアクシデントに見舞われる。38分、左ひざを痛めたムリキがプレー続行不可能となり、代わって中島翔哉が起用された。直後の40分、FC東京は河野広貴とのコンビネーションでエリア内に侵入した東慶悟が右足で狙ったが、ここはGKに阻まれた。

 0-0のまま後半に入ると、62分に試合が動く。エリア内右から前田がシュートを放つと、GKが弾いたボールを中島が押し込み、FC東京が先制に成功した。

 だが、終了間際に福岡が試合を振り出しに戻す。90分、三島勇太が右サイドからドリブルでエリア内へ侵入し、左足でシュートを放つと、これがゴール左に吸い込まれた。

 結局このままタイムアップを迎え、第1戦は1-1のドローに終わった。第2戦は9月4日に福岡のホームで行われる。

【スコア】
FC東京 1-1 アビスパ福岡

【得点者】
1-0 62分 中島翔哉(FC東京)
1-1 90分 三島勇太(福岡)

SOCCER KING

最終更新:8/31(水) 21:30

SOCCER KING

スポーツナビ サッカー情報