ここから本文です

“第4のFW問題”ついに決着! バルサがバレンシアFWアルカセルを獲得

ゲキサカ 8月31日(水)2時57分配信

 バルセロナは30日、バレンシアのFWパコ・アルカセル(23)を完全移籍で獲得したことを発表した。クラブ公式サイトによると契約期間は5年。バルセロナはバレンシアに対して定額3000万ユーロ(約34億円)を支払い、さらに200万ユーロ(約23億円)を上乗せする可能性があるという。なお、アルカセルの契約解除金は1億ユーロ(約114億円)に設定された。

 アルカセルはバレンシアの下部組織から2010年にプロデビュー。2012-13シーズンにヘタフェへのレンタルを1年経験してバレンシアに復帰すると、昨季は公式戦46試合に出場し、15得点を記録した。2014年にはスペイン代表デビューも果たしており、13試合で6得点を挙げている。

 バルセロナはこの夏にFWリオネル・メッシ、FWルイス・スアレス、FWネイマールの控えとなる“第4のFW”の獲得が難航していたが、移籍市場が閉まる直前にようやく確保に至る格好となった。

最終更新:8月31日(水)2時57分

ゲキサカ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。