ここから本文です

チェルシーが約40億でD・ルイスの買い戻し検討か

ゲキサカ 8月31日(水)17時20分配信

 パリSGのブラジル代表DFダビド・ルイスが、再びチェルシーでプレーすることになるかもしれない。『スカイ』によると、チェルシーは3000万ポンド(約40億円)で買い戻しを検討しているという。

 ルイスは2014年にチェルシーから当時、DFとしては史上最高額の5000万ポンドでパリに移った。しかし、移籍市場が終わる1日前という段階で、ルイスをチェルシーに戻すかどうかの議論が行われているという。

 チェルシーのアントニオ・コンテ監督は、CBの獲得を最優先事項に掲げている。これまで、ミランのDFアレッシオ・ロマニョーリや、ナポリのDFカリドゥ・クリバリが獲得リストに浮上していた。

 しかし、先週の伊『スカイ』の報道によれば、ロマニョーリへの3000万ポンドの提示は拒否されており、クリバリの獲得も90%ないと言われている。そこで議論されているのが、D・ルイスの復帰というわけだ。

 果たしてパリが放出する準備があるのかどうかは分からないが、移籍最終日のどんでん返しはあるのだろうか。

最終更新:8月31日(水)17時20分

ゲキサカ