ここから本文です

「誰もが留まりたいと感じている」レスターが11番MFと2020年まで契約延長

ゲキサカ 8月31日(水)18時42分配信

 レスター・シティは30日、MFマーク・オルブライトン(26)と新たに2020年までの新契約を締結したことを発表した。

 アストン・ビラ下部組織のオルブライトンは、09年2月にトップチームデビューを飾ると、2010-11シーズンから2シーズン連続でリーグ戦20試合以上するなど、主力として活躍。しかし、指揮官が代わった12-13シーズンからは出場機会が激減し、13年10月にはわずか28日間のレンタル移籍でウィガンに加入した。13-14シーズン終了後には契約満了により、アストン・ビラを退団。14年5月にレスターに移籍した。昨季はリーグ戦38試合に出場し、優勝に大きく貢献した。

 クラブ公式サイトによると、11番MFは「ここで何度も素晴らしい瞬間に立ち会っているし、昨シーズンはリーグ優勝を勝ち取った。ここは素晴らしい環境だし、誰もが留まりたいと感じていると思う。クラブにとって興奮する時期にあるし、僕もその一員になりたいんだ」と喜びを語っている。

 レスターは今夏、GKカスパー・シュマイケルやDFウェズ・モーガン、MFリヤド・マフレズ、FWジェイミー・バーディなど、昨シーズン優勝メンバーと立て続けに契約を更新している。

最終更新:8月31日(水)18時42分

ゲキサカ

スポーツナビ サッカー情報

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。