ここから本文です

“厳しい状況”の小林悠「準備をしていない選手にチャンスは回ってこない」

ゲキサカ 8月31日(水)20時8分配信

 所属クラブの川崎フロンターレで好調をキープするFW小林悠だが、現在の日本代表では「厳しい状況」と話すように、スタメンが約束されているわけではない。

 J1リーグでは第2ステージ第1節から7試合連続ゴールをマークするなど得点を量産。この活躍には日本代表のバヒド・ハリルホジッチ監督からも「得点の感覚はすごく良くなっている」と称賛されたようだ。しかし、一方で「まだまだフィジカル面は足りないから、練習からしっかりやるようにと言われました」と課題も指摘されている。

 日本代表では、小林が主戦場とする2列目のサイドにはFW本田圭佑、MF清武弘嗣らが顔をそろえており、出場機会をつかむのは容易ではなく、小林自身も「厳しい状況」と表現した。

 しかし、視線は前だけを向いている。「準備をしていない選手にチャンスは回ってこないので、どういう状況でも切らさずにやり続けたい」と、ピッチに送り込まれた際に自身の最大限を出せるように準備を進めている。

最終更新:8月31日(水)23時32分

ゲキサカ

スポーツナビ サッカー情報

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。