ここから本文です

復活弾で勢いに乗る武藤、ゴールへの貪欲さは「これ以上ないぐらい」

ゲキサカ 8月31日(水)20時11分配信

 与えられたポジションで、与えられた時間で、最高の結果を残す。昨年11月のW杯アジア2次予選以来の復帰となった日本代表FW武藤嘉紀(マインツ)は「ゴールに対する貪欲さはこれ以上ないぐらいにある。そこを代表でも出していければ。チームが勝つうえで、自分のゴールも付いてくれば最高だと思う」と、チームを勝利に導くゴールを誓った。

 27日のブンデスリーガ開幕節・ドルトムント戦では後半36分から途中出場。2月6日のハノーファー戦以来となる実戦復帰を果たすと、後半アディショナルタイムに今季初ゴールを決めた。2度の右膝外側側副靭帯損傷を乗り越え、長期離脱からの華々しいカムバック。「(ドイツでは)少ない時間だけど、結果を残せた。日本の勝利に貢献できたと思えるプレーを結果で出したい」と、その勢いを代表にもつなげるつもりだ。

「まだ今シーズンは90分やっていない。(90分間)出ろと言われれば出る準備はしている」と話すが、現実的にはスーパーサブとしての起用が濃厚か。「求められるポジションでやるし、言われたポジションで結果を出したい」と、センターフォワード、左ウイング、どちらでも準備はできている。

 武藤にとっては初のW杯アジア最終予選。気合が入らないはずがない。「最終予選という舞台が初めてで、これまでに経験したことがない。小さなころからの夢であるW杯出場を果たすためにも、ここから結果を出して、最後のメンバーに入りたい。W杯出場に貢献できたと思える結果を出していきたい」と、1年に及ぶ長き戦いを前に決意を固めた。

最終更新:8月31日(水)20時14分

ゲキサカ

スポーツナビ サッカー情報

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]