ここから本文です

藤春OG未遂も丹羽気迫クリアで耐えたG大阪 呉屋プロ初弾で貴重な敵地ドロー

ゲキサカ 8月31日(水)21時13分配信

[8.31 ルヴァン杯 広島1-1G大阪 Eスタ]

 サンフレッチェ広島とガンバ大阪による準々決勝第1戦は1-1の引き分けに終わった。ホームとアウェーを入れ替えた第2戦は9月4日に行う。

 先制点を挙げたのは広島だった。前半28分、MF清水航平がゴール前に入れたボールがこぼれると、MF柴崎晃誠が落ち着いて蹴り込み、試合の主導権を握る。

 流れを変えたいG大阪は、後半11分にFW長沢駿、同25分からFW呉屋大翔を投入。同点弾を奪いに行く。しかしホームの広島が押し気味の展開は変わらなかった。

 ただG大阪は踏ん張りを見せる。後半33分にはFW佐藤寿人のクロスを防ぎに行ったDF藤春廣輝のクリアがクロスバーを直撃。“オウンゴール未遂”で肝を冷やしたが、直後の跳ね返りをMF青山敏弘に押し込まれた場面は、DF丹羽大輝が気迫のカバーリングを見せて、追加点を与えなかった。

 そして後半41分、DFラインから縦パスを繋ぐと、呉屋がドリブルでエリア内に入る。細かいフェイントでDFを外すと、左足を射抜き、同点弾を奪った。大卒ルーキー呉屋は、トップチームではうれしいプロ初ゴール。G大阪が貴重なアウェーゴールを手に、ホームでの第2戦に臨むことになった。

最終更新:8月31日(水)21時13分

ゲキサカ

スポーツナビ サッカー情報

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]