ここから本文です

福岡が土壇場でAG獲得…FC東京は中島翔哉の先制点もホームでの第1戦はドロー決着

ゲキサカ 8月31日(水)21時41分配信

[8.31 ルヴァン杯準々決勝第1戦 FC東京1-1福岡 味スタ]

 ルヴァン杯は31日に、準々決勝第1戦を行い、FC東京対アビスパ福岡は1-1で引き分けた。運命の第2戦は9月4日にレベルファイブスタジアムで行われる。

 AFCチャンピオンズリーグ(ACL)に参戦したため、決勝トーナメントからの登場となったFC東京は、DF森重真人とDF丸山祐市が日本代表に招集されたため、センターバックにDF高橋秀人とDF吉本一謙が入った。一方、B組2位通過の福岡は、24日の磐田戦(2-3)から3選手を入れ替え、GKイ・ボムヨンとDF中村北斗、MF田村友がスターティングメンバーに名を連ねた。

 FC東京は前半14分、FWムリキがドリブルで仕掛け、左サイドのMF東慶悟に預けてゴール前に駆け上がる。東が上げたクロスをムリキがフリーでヘッドもゴール右に外れ、早々の先制点とはならず。すると、同35分に右サイドのFKからニアに飛び込んだムリキが負傷。自力で歩くことができず、FW中島翔哉との交代を余儀なくされる。同40分には、東に決定機が訪れるも、MF河野広貴のリターンから放った右足シュートはGKイ・ボムヨンのファインセーブに阻まれた。

 一方、FW金森健志が相手の嫌な位置でボールを受け、果敢にゴールに迫るもゴールが遠い。スコアレスで折り返した後半8分、左からカットインし、相手DFをかわしたFW為田大貴が右足を振り抜くも枠を捉えきれない。その後も福岡の流れで時間は進んだが、均衡を破ったのはFC東京だった。

 後半17分、自陣からのフィードを東が足もとのおさめ、前を向いてラストパス。これに反応したFW前田遼一がPA右から放った右足シュートはGKイ・ボムヨンに防がれたが、こぼれ球がゴール前に走り込んだ中島のもとに転がり、左足で押し込んで1-0。リオデジャネイロ五輪で経験を積み、『ニューヒーロー賞』対象の39番がホームで先制点を奪った。

 1点を追う福岡は後半29分にFW坂田大輔を投入すると、直後の32分に坂田のループパスで金森が裏に抜け出すもシュートは打てず。同41分にMF三島勇太も入れて攻勢を強めたが、なかなかゴールネットを揺らせず、そのまま試合は終了かと思われた。しかし、同45分に右サイドでパスを受けた三島が中央にボールを運び、そのまま左足を振り抜く。相手DFの間を抜けたシュートがゴール左隅に突き刺さり、同点。土壇場で福岡が貴重なアウェーゴールを奪い、第1戦を1-1で終えた。

最終更新:8月31日(水)21時45分

ゲキサカ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]