ここから本文です

レシピ提案から買い物リスト作成まで--何でも自動化するダイエットアプリ「Eat This Much」

CNET Japan 8月31日(水)11時0分配信

 夏は薄着になる機会が多い季節、ダイエットに取り組む人も多いことだろう。その方法として真っ先に思い浮かぶのは食事制限。しかし、栄養バランスまできちんと考えたうえで摂取カロリーを抑えるのは、なかなか難しい。

 そんな健康志向のダイエットを目指す、海外の人たちの間で話題になっているのが、米国発のダイエットアプリ「Eat This Much」だ。ユーザーごとに異なるダイエットの目標にあわせて、献立作りから買い物までトータルで支援してくれる。

プロフィール情報からパーソナライズされたレシピを提案

 さっそく使い方を見ていこう。まず、プロフィール画面で、自分の性別や年齢、身長、体重、普段どれくらいの運動するかなどの基本的な情報を入力する。

 さらに、嫌いな食べ物や、食に関する主義や思想(例えば、ベジタリアン・ヴィーガン・パレオなど)を入力すると、それらの情報に基づいてパーソナライズされた献立を提案してくれる。

 筆者が試しに献立を作成してみたところ、

朝食:スクランブルエッグとフルーツサラダ
昼食:ツナと豆のサラダとコールスロー
夕食:ステーキとチョコレートのデザート

 というレシピが提案された。

 朝食のスクランブルエッグにはソーセージも入っており、食べごたえがありそうだが、卵白のみを使うことでカロリーは522キロカロリーに抑えられている。夕食もデザートまでついて550キロカロリーだ。

 ちなみに、成人の1日に必要な摂取カロリーの目安はおよそ1800~2200キロカロリーであるのに対して、この日の献立のカロリーはトータルで1620キロカロリーにセーブされている。

 また、献立は三大栄養素である脂質、たんぱく質、炭水化物のバランスも考慮されたうえで提案され、使う食材もバラエティ豊か。ユーザーに、無理してダイエットをしていると感じさせないように工夫されている。

最終更新:8月31日(水)11時0分

CNET Japan

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]