ここから本文です

カシオ、英会話を学べる専用端末「joy study」発売へ--接客業向けの新モデルも

CNET Japan 8月31日(水)16時10分配信

 カシオ計算機は8月31日、日常英会話の学習に便利な「joy study」の新製品「JY-L02」を9月9日より発売すると発表した。市場想定価格は1万円程度を見込む。

 joy studyは、通勤・通学や就寝前など、ちょっとした空き時間に英会話を繰り返し聞くことで、英会話に必要なフレーズが学習できるポケットサイズのデジタル学習ツールだ。同社が電子辞書「EX-word」シリーズで培ってきた英語学習のノウハウを活かし、気軽に英会話学習に取り組める。

 初代モデルとなる「JY-L01」を2015年9月に発売しており、JY-L02はその後継モデルとなる。語学学習向けアプリは、スマートフォン向けにも多く出ているが、専用端末として発売することで余計な通知もなく、学習に集中できるとして40代~50代のビジネスパーソンを中心に人気を集めているという。

 コンテンツは、英語教材本のベストセラー著者であるデイビッド・セイン氏の「デイリースピーキング」の日常会話シリーズを4冊収録。初級レベルからの馴染みやすいショートストーリーで気軽に学習できるだけでなく、同氏が提唱する「繰り返し聞いて英文に慣れる」「画面の英文を読みながら聴いて理解する」「声に出して定着させる」という3つのステップで学習が可能だ。また、「キクタン」3冊に加え、新たに「キクタン英会話」を3冊追加。とっさには思い付きづらい会話ならではの表現を学べるようになっている。

 カシオによれば、最近は訪日客の増加などに伴い、ホテルや飲食店や販売店など、接客業を中心に英語学習のニーズが高まっており、接客英会話モデルとして「JY-L03」も発売する。

 こちらは、デイビッド・セイン氏の「デイリースピーキング」接客英会話を3冊収録しており、ホテルの接客、飲食店の接客、売り場の接客と3つのシーンで役立つ会話を学べる。また、JY-L02と同様に、「キクタン」3冊、「キクタン英会話」3冊を収録している。

最終更新:8月31日(水)16時10分

CNET Japan

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]