ここから本文です

Pebble、ファームウェアとモバイルアプリを4.0にアップデート--視認性向上で素早い操作が可能に

CNET Japan 8月31日(水)11時29分配信

 「Kickstarter」における多くの「Pebble Time 2」支援者が、数カ月後に予定されているこの新型スマートウォッチの登場を心待ちにするなか、Pebble Technologyは、ファームウェアおよびスマートフォン向けアプリのメジャーアップデートを発表した。これにより、現在の「Pebble Time」「Pebble Time Steel」「Pebble Time Round」の各デバイスは、バージョン4.0にアップデートされる。

 Pebbleによると、主な新機能や改良点には以下が含まれるという。

タイムラインのアップデート:新しい「Quick View」機能を使うと、ユーザーは当日の次の予定を文字盤ですぐに確認できる。文字盤を強く押すと、現在の予定が表示される。
アプリ情報の先読み:アプリを開くことなく、アプリの情報を表示できる。
4つのボタンでクイック起動:Pebbleのカスタマイズ性が向上した。各ボタンにお気に入りのアプリを割り当てて、より素早くアクセスできる。
「Health App」のデザイン刷新:新しいアプリはシンプルさと視認性に注力し、装着者のヘルス関連活動をまとめた週次チャートを再導入している。Pebbleユーザーは、「Up」ボタンを押すことでHealth Appにアクセスし、歩数および睡眠に関するデータへより早くアクセスできるようになった。
メール操作:「iOS」ユーザーは、「Inbox」「Gmail」「Mail」の各アプリを通じて、ウォッチ上の通知から直接、Gmailのメール返信、削除、アーカイブが可能になる。

 「Pebble Health」の進化はめざましく、4.0でのユーザビリティの向上は素晴らしいものに見える。

 スマートフォン関連のアップデートは、特に「iOS」ユーザーにとって歓迎すべきものだ。なぜなら、以前より「Android」ユーザーが利用していた「Email Actions」機能をiOSユーザーも利用できるようになるからだ。アップデートにより、iOSユーザーは「Gmail」アカウントから受信した電子メールについて、削除、アーカイブ、既読化、全員に返信、スター付与を行えるようになった。PebbleユーザーはiOSの「Message」に返信することもできる。

 「Pebble Firmware 4.0」は「Pebble Time」「Pebble Time Steel」「Pebble Time Round」、今後登場する2016年のPebbleラインアップ(「Pebble 2」と「Time 2」)をサポートする。「Pebble Classic」と「Pebble Steel」に関しては、バージョン3.12.2が今でも最新ファームウェアだ。iPhone版とAndroid版のPebbleアプリ群は、3.12以降のファームウェアを搭載するすべてのPebbleスマートウォッチで利用できる。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

最終更新:8月31日(水)12時7分

CNET Japan

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]