ここから本文です

イヤホンジャック非搭載iPhoneもドンと来い--超小型のLightning用DAC「Amp.i.Am」

CNET Japan 8月31日(水)16時35分配信

 「iPhone 7」などと呼ばれている次期iPhoneは、いよいよ米国時間9月7日に正式発表されそうだ。スペックについては、感圧式ホームボタン搭載、ワイヤレス充電および防水防塵対応、「FeliCa」サポートといったうわさが流れている。なかでも物議を醸しているのは、イヤホンジャック廃止の情報だろう。

 そこで、iPhoneのLightningポートに挿して使うデジタルアナログコンバータ(DAC)&ヘッドホンアンプ「Amp.i.Am」を紹介しよう。現在クラウドファンディングサービス「Indiegogo」で支援募集中。

 Amp.i.Amは、本体から出ているLightningケーブルをiPhoneに接続し、本体に設けられた3.5mmミニジャックにヘッドホンやイヤホンをつなげて使う。iPhoneからデジタル形式で受け取った音声データをDACでアナログ波形に変換し、アンプで増幅してイヤホンへ送るデバイスだ。マイク接続にも対応しており、通話などにも使える。

 イヤホンジャックのないiPhoneが登場したとしても、現在使っているノイズキャンセリングや低音ブーストといった機能を持つお気に入りのイヤホンが引き続き使用できる。しかも開発チームは、音質に優れたアンプを搭載したとしている。

 Lightning対応のiPhoneだけでなく、iPadやiPodで利用可能。AppleのMFi認証を受けているので、次期iPhoneなど、これから登場するデバイスでも使えるはずだ。

 本体部は40×13×9mmと小さい。また、バッテリを搭載していないこともあり、重さは7gしかない。まるでイヤホンケーブルが延長されただけのように感じるという。

 本体にはボタンが3つ設けられており、音量調整、再生開始、再生停止、頭出し、通話、Siri起動など、14種類の操作ができる。

 Indiegogoでの目標金額は2万ドル。記事執筆時点(日本時間8月31日13時)で集まった資金はまだ770ドル。キャンペーン期間はあと1カ月ある。

最終更新:8月31日(水)16時35分

CNET Japan