ここから本文です

アコーディオン奏者の佐藤芳明とピアニストの伊藤志宏がデュオ・アルバムをリリース

CDジャーナル 9月1日(木)17時14分配信

 多方面で活躍する鍵盤奏者の2人、佐藤芳明(acd)と伊藤志宏(p)が5年の歳月をかけて作り上げた組曲「夢幻舞踏組曲」を収録したアルバム『choreograph』(JVLY-001 2,500円 + 税)を9月14日(水)にリリースします。

 2011年、伊藤の呼びかけにより「夢幻舞踏組曲」と題して互いに曲を書きあう作業を開始。ライヴを重ねながら少しずつ形を成し、また佐藤のソロ・アルバム『対角線』(2013年)に伊藤がゲスト参加するなど親交を深めつつ、2016年に「I invitation」から「VI 波紋」までを書き上げました。レコーディング当日、「VI 波紋」のエンディングをベースにした共作「風の跡」を仕上げ、アルバム冒頭に配し、ついに組曲すべてが完成。さらに伊藤と佐藤はサックス奏者の故・井上淑彦の晩年に、トリオ・メンバーとしてライヴやツアーを重ねていたこともあり、伊藤が井上の初ライヴのために書き下ろした「邂逅」も収録。往復書簡のようなアルバムとなりました。

 また9月22日(木・祝)東京・世田谷区成城学園前 Cafe Beulmans、9月23日(金)栃木・小山 Fellowsにてアルバム発売を記念したライヴも開催されます。

最終更新:9月1日(木)17時14分

CDジャーナル

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。