ここから本文です

石川遼の復帰Vにも発奮 松山英樹にたくさんの“刺激物”

ゴルフダイジェスト・オンライン(GDO) 9月1日(木)7時18分配信

米国男子ツアーのプレーオフシリーズ第2戦「ドイツバンク選手権」は2日(金)から、マサチューセッツ州のTPCボストンで開催される。松山英樹は3年連続の出場。米国では、9月の第1月曜日は「労働者の日(Labor Day)」という数少ない国民の祝日。大会は例年、最終日を同日に合わせるため、金曜日開幕の4日間で行われる。連戦を戦う選手にとっては普段よりも準備期間が1日多く、松山はこの調整時間を有効に使っている。

松山英樹のフォトギャラリー

前週の「ザ・バークレイズ」で今季5度目の予選落ちを喫した松山は、フロリダ州の自宅には帰らないまま、今週の会場に入った。8月29日(月)にインの9ホールを回り、30日(火)にはアウトコースをチェック。その夜にはメジャーリーグ、ボストン・レッドソックスの本拠地フェンウェイパークを訪れ、上原浩治投手、田澤純一投手と対面した。

試合前にはウォーミングアップ中の選手たちに紛れ、上原投手とキャッチボール。大の野球好きは外野の芝を踏みしめて「すごく気持ち良かった…緊張感からの優越感がハンパじゃなかったです」と興奮気味に話した。ただし、トレーニングの一環で硬式球を投げ込むこともあるためか「ここ3カ月くらいキャッチボールをやっていなかったから、調子はいまひとつだった」と、自身のボールをなぜかシビアに自己評価していた。

本業の方では、予選落ちを喫した週に石川遼が国内ツアー「RIZAP KBCオーガスタ」で今季初優勝。故障からの復帰2戦目の勝利に「半年間まともにゴルフができず、苦しい中で、仕上げてきたのはスゴイと思う」と賛辞の言葉を口にした。

11月の「ワールドカップ」の日本代表の相棒に指名直後ということもあり「自分も負けてられないなって思った」という表情は、真剣味を漂わせる。開幕2日前の31日(水)は練習場での打ち込みにとどめ、あすのプロアマ戦で最終調整をする予定。たくさんの刺激を浴びて、復調のきっかけを探る。(マサチューセッツ州ノートン/桂川洋一)

最終更新:9月1日(木)7時18分

ゴルフダイジェスト・オンライン(GDO)

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]