ここから本文です

麻生財務相「証券会社勤めはヤバイやつ」 この発言は正論なのか?

J-CASTニュース 9月1日(木)7時30分配信

 歯に衣着せぬ物言いで知られる麻生太郎副総理兼財務・金融相が、「証券会社勤めはヤバイやつ」などと発言したことが、物議を呼んでいる。

 麻生財務相は首相時代の2009年3月にも、「『株屋』っていうのは信用されないんだよ」「預金と違って株をやってるというと田舎では怪しい」などと発言。証券業界に波紋が広がったことがある。

■日本証券業協会「お話しのしようがありません」

 共同通信や時事通信は2016年8月31日付で、麻生財務相が30日に開かれた東京都内での会合で、「『なんとなく債券、株に投資するのは危ないという思い込みが(国民に)ある。あれは正しい。われわれの同期生で証券会社に勤めているのは、よほどヤバイやつだった』と述べた」と報じた。

 さらには、「証券会社でほぼ詐欺かその一歩手前のようなことをやり、『あんなやくざなものは辞めろ』と親に勘当されたやつがいるぐらいだ」と指摘。「怪しげな商売といえば、不動産と証券だった」といい、「昭和30年代、40年代に学生だった人は誰でも知っている」とも語ったという。これらは、証券会社に勤める社員を罵るような発言だ。

 これまでも数々の放言で波風を立ててきた麻生財務相だが、今度ばかりは証券業界を監督する立場にあり、しかも2度目ともなれば、物議を醸しそう。そうしたなか、インターネットでは、

  「株は危ないというのは正しい。麻生さんは正論だ!」
  「なにが問題なん? 太郎ちゃんが正直者だったってことでしょ」
  「これは事実なんだからしょうがない」
  「投資信託なんか、手数料高くて損ばっか。誰が買うかってーの」
  「株がヤバいというより、証券会社勤めの人間がヤバい言うところが的を得ている」
  「アベノミクス最強だなwww 財務大臣が株式投資の危険性を啓蒙している」

などと、麻生財務相を擁護する声は少なくない。

 もちろん、

  「政治屋が言うな!」
  「財務大臣がこれを言っちゃダメでしょ。調子に乗るんじゃねぇよ」
  「大臣や財務省が悪いから、怪しいんじゃねえの...」
  「軽口をたたくのは、実体経済を軽視している証拠だ」

といった「言いすぎ」を指摘する声もある。

 「株屋」には証券会社やその社員を見下す意味合いがある。首相時代の「株屋」発言のときには麻生氏への批判が渦巻いた証券業界だが、日本証券業協会は「メディアの報道以上のことがまだ確認できていませんので、お話しのしようがありません」とし、今のところ談話を発表する予定はないという。

1/2ページ

最終更新:9月1日(木)7時30分

J-CASTニュース