ここから本文です

【KNOCK OUT】ブシロードがキックボクシングイベント旗揚げ

イーファイト 9月1日(木)12時3分配信

 カードゲームやトレーディングカードの販売、また新日本プロレスも経営するブシロードがキックボクシング新イベント『KNOCK OUT』(ノックアウト)の旗揚げを発表した。

【フォト】新イベント『KNOCK OUT』のロゴマーク

 ブシロードは、新日本キックボクシング協会の元日本フェザー級王者・小野寺力が主催するイベント『NO KICK NO LIFE』と提携し、12月に旗揚げ大会を開催する。本大会は「撃つ!蹴る!斬る!」をコンセプトとし、パンチ、キックそしてヒジ打ち、ヒザ蹴りありルールの最強を決める大会として国内・世界から強豪を集めるという。

 旗揚げ戦のメンバーには、WBCムエタイ世界スーパーフェザー級王者・梅野源治(PHOENIX)、ISKAオリエンタルルール世界バンタム級&RISEバンタム級王者・那須川天心(TARGET)が名を連ねる。

 かねてより、『NO KICK NO LIFE』がキックボクシング新イベントとしてアナウンスしていたのはこの大会のことだった。これにより、すでに発表されている9月14日(水)東京・TSUTAYA O-EASTで行われる公開記者会見は『KNOCK OUT』の開催発表記者会見として行われる。

 会見には株式会社ブシロードの木谷高明・代表取締役社長、主催会社として設立された株式会社キックスロードの花澤勇佑・代表取締役社長、そしてRIKIXの小野寺力代表、梅野、那須川が出席。森井洋介(ゴールデングローブ)vs高橋一眞(大阪真門ジム)の公式戦も行われる。

 ブシロードは、低迷していた新日本プロレスの業績をV字回復させた手腕で、キックボクシング界の救世主となるのか。

最終更新:9月1日(木)12時3分

イーファイト

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。