ここから本文です

高畑裕太容疑者の父親は俳優・大谷亮介だった!母・淳子の所属事務所認める

スポーツ報知 9月1日(木)6時5分配信

 強姦(ごうかん)致傷容疑で先月23日に逮捕された高畑裕太容疑者(22)の母で女優・高畑淳子(61)が31日、都内で舞台「雪まろげ」(24日開幕、東京・シアター1010ほか)の稽古を行い、仕事復帰した。

【写真】高畑淳子、裕太容疑者と面会

 淳子は現在バツ2。長女の女優・高畑こと美(29)、長男・裕太容疑者を育てるシングルマザーだ。24歳で同じ劇団の役者と結婚し、1年半で離婚。こと美の妊娠をきっかけに32歳の時に一般男性と再婚したが、38歳で裕太容疑者を出産、その後離婚している。

 裕太容疑者は2人目の夫との間にできた子供と思われていたが、“本当の父親”が、テレビ朝日系ドラマ「相棒」の三浦刑事役で知られる俳優・大谷亮介(62)だったと、30日にデイリー新潮などで報じられた。淳子が所属する青年座の社長はこの日、スポーツ報知の取材に「大谷さんが彼の父親で間違いありません」と認めた。事件後、大谷と話をして「いずれ分かることだから、本当のことを言おうと伝えました」と明かした。

 また、社長は文書でも事実関係を説明。大谷が裕太容疑者を認知していることを明かし、「高畑は、2人目の配偶者(一般人男性)と別居後、両親公認の上、大谷氏と5年半の事実婚関係にありました。しかし、高畑が妊娠した後、諸事情により大谷氏と別れることになり入籍はしておりません」。裕太容疑者が幼少の頃、大谷が学校行事に参加したこともあったというが「大谷氏が別の女性と結婚されてからは、大谷氏及び御家族への配慮から親子としての交流はありません」とした。大谷の事務所も「高畑裕太の父親であることは事実です」と話した。

 稽古を終えた淳子は、薄手の和装姿で少しやつれた表情。舞台関係者にガードされ、無言で立ち去った。社長は「被害者女性には会えていません。弁護士同士でやり取りしている」と話した。

 ◆大谷 亮介(おおたに・りょうすけ)1954年3月18日、兵庫県生まれ。62歳。77年、東京水産大学(現・東京海洋大学)在学中にオンシアター自由劇場に入団し、86年に劇団東京壱組を旗揚げ。91年「分からない国」などの企画・演出により紀伊國屋演劇賞個人賞を受賞。01年から出演したテレビ朝日系ドラマ「相棒」の三浦信輔刑事役などで人気を博した。

最終更新:9月1日(木)9時57分

スポーツ報知