ここから本文です

工藤静香 SMAP解散語らず「本当に申し訳ない」 20回連続で二科展入選 

デイリースポーツ 9月1日(木)5時0分配信

 歌手の工藤静香(46)が「第101回二科展」に入選し、31日、同展が開幕した東京・国立新美術館でデイリースポーツなどの取材に応じた。1990年の初入選から出品した20回連続で入選し、今年は悲願の「会友推挙」に選ばれて「大変うれしい」と大喜びした。

 「何か描く気になれず、出すのをやめようと思っていた」が「絵の師匠にガッカリされて」と翻意。約2カ月で青を基調にした油絵の連作「心模様A・B」を完成させた。

 夫の木村拓哉(44)がメンバーのSMAP解散については「本当に申し訳ないですけど、ないんです」と語らず。8月6日配信の有料メルマガで「言いたいことを言わず何が何でも我慢するしかない時を十年以上も続けています」とつづったことも「ファンと私だけが分かる言い回しがある」とだけ話した。

最終更新:9月1日(木)5時0分

デイリースポーツ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。