ここから本文です

チェリストの横坂 源、CDデビュー作『J.S. バッハ: ガンバ・ソナタ集』のMVが完成

CDジャーナル 9月1日(木)17時14分配信

 弱冠13歳で東京交響楽団とサン=サーンスのチェロ協奏曲で共演したことを皮切りに、最難関として知られる第59回ミュンヘン国際音楽コンクール・チェロ部門で第2位を受賞するなど、国際的なチェリストとしてのキャリアを築いているチェリストの横坂 源。9月14日(水)にリリースされる初レコーディング作品『J.S.バッハ: ガンバ・ソナタ集』のミュージック・ビデオが完成しました。

 今回のMVの監督 / 演出を務めたよしだ裕二は「まず横坂さんの楽曲を聴いて、力強さと繊細さが合い交える心地よさを感じ、映像化するにあたり“下手な細工はいらない”というか、“やってはいけない”というのが最初の印象でした。そこで頭の中からすべてのエフェクトを排除。黒の世界でバッハの厳粛性とチェロの重厚な音色を、白の世界で横坂さんの若さと力強さを表現しました。そして彼の演奏技術に裏打ちされた繊細さを、この横坂 源しか写っていない映像で感じ取っていただけると幸いです。リサイタルではけっして見ることのできない横坂 源です」とコメントしています。

 本アルバムがリリースされる9月14日(水)には東京・タワーレコード渋谷店、16日(金)にはHMVエソラ池袋店、12月7日(水)には銀座山野楽器本店にて、それぞれCD発売記念イベントの開催が決定。また、今回の作品で共演したピアニストの藤井一興とのコンサートが9月22日(木)に相模女子大学グリーンホールで行なわれます。

最終更新:9月1日(木)17時14分

CDジャーナル

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。