ここから本文です

リヴァプールが人員整理 マルコビッチやウィズドムをレンタル

GOAL 9月1日(木)9時53分配信

リヴァプールは8月31日、MFラザル・マルコビッチ(22)、ルイス・アルベルト(23)、DFアンドレ・ウィズドム(23)の移籍を発表した。

マルコビッチはレンタルでポルトガルのスポルティングへ。ウィズドムもレンタルでレッドブルへ移籍し、ルイス・アルベルトはラツィオへの完全移籍となっている。

2014年からリヴァプールに所属しているマルコビッチは、2015-16シーズンにフェネルバフチェへのレンタルを経験した。スポルティングを率いるジョルジェ・ジェズス監督はマルコビッチにとってベンフィカ時代の師。ポルトガルでの飛躍が期待される。

2013年からリヴァプールでプレーするルイス・アルベルトは、過去2シーズンをレンタル先で過ごしていたが、今回はラツィオへの完全移籍となった。移籍金は500万ユーロとなっている。

ウィズドムはリヴァプールの下部組織出身で、近年は国内のクラブにレンタルされて経験を積んでいた。オーストリアに渡ることが飛躍のきっかけになるだろうか。

GOAL

最終更新:9月1日(木)9時54分

GOAL

スポーツナビ サッカー情報