ここから本文です

FlowBack、歩いて女性を追いかけていくことで失恋を追体験する“超・没入型MV”を発表

M-ON!Press(エムオンプレス) 9月1日(木)12時7分配信

FlowBackが、メジャーデビューシングル「Come A Long Way」(9月7日リリース)のミュージックビデオを公開。同ビデオには様々な仕掛けが盛り込まれている。

【詳細】メンバーからの注意喚起コメント etc.はこちら

デビューに至るまで歩んできた約3年間の道のりと、これから始まるあらたなシーンへの歩みを、デビュー曲「Come A Long Way」を通じて体験してもらおう! というアイデアから生まれた本作は、スマホのパノラマ動画機能と振動感知機能を駆使して作られた、最先端の“超・没入型ミュージックビデオ”。

目の前でスマホを落とした女性を、実際に歩きながら追いかけていく中で、失恋を追体験できるという、縦型パノラマミュージックビデオとなっている。

監督を務めたのは、アイドルグループ、lyrical schoolの「RUN and RUN」で斬新なスマホジャックビデオを作ったことで記憶に新しい、新進気鋭の監督・隈本遼平氏。テクニカルパートは、FACTのインタラクティブMV「the way down」やTOYOTA「Sense of Wonder」のサイト等を手がけ、今最も注目されるテクニカルチームのひとつである、homunculus.incが担当した。

次々とスマホならではの演出表現を世に生み出し続けている隈本監督とホムンクルスが初のタッグを組み、スマホならではの最先端な映像表現に挑戦している。

隈本監督は「縦型の映像をパノラマ視点にすることで、視聴体験に自由度を持たせました。そうすると、スマホのスクリーンが持つプライベート感が表現でき、より映像の世界観にダイジェスティブに没入できるのではないかと考えました」と演出の狙いをコメント。数百テイクの検証を重ねた末に、本ビデオはついに完成した。

なお、歩きスマホしながら視聴することによって、より体験が深まるミュージックビデオということで、特設サイトでは、安全に十分に注意し視聴することを強く呼びかけており、さらに、歩かなくても観られるYouTubeバージョンのミュージックビデオも同時公開されている。

また、メンバーからも注意喚起のコメント映像を発信。世界観に没入してしまうので、周りに十分にスペースがある環境での視聴を規約としている。

【ストーリー】
メンバーのひとり、TATSUKIになったあなた。ライブの直前にメンバーと集まっていたら、女性が目の前でスマホを落としてしまいます。気付かずに歩いていってしまう女性。メンバーに言われ、スマホを届けるために女性を追いかけますが、中々追いつけないまま、電車に乗ったり、プールに入ったりと、途中で過去の恋愛のことなども思い出しながら大変な道のりを進んでいきます。果たして、TATSUKIになったあなたはライブに間に合うことはできるのでしょうか……。

※本当に世界観に没入してしまうので、周りに十分なスペースがある環境でご視聴ください。
※安全に配慮し、歩かなくても観られるバージョンの映像もサイトで同時公開中です。

リリース情報
2016.09.07 ON SALE
SINGLE「Come A Long Way」

歩かなくても観れる“歩きスマホMV”FlowBack「Come A Long Way」特設サイト
http://comealongway.jp

FlowBack OFFICIAL WEBSITE
http://www.flowback05.com

最終更新:9月1日(木)12時7分

M-ON!Press(エムオンプレス)

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。