ここから本文です

【大学受験2017】国立大学の入学定員、前年度比288人減の95,693人

リセマム 9月1日(木)11時54分配信

 文部科学省は8月31日、平成29(2017)年度の国立大学の入学定員(予定)を発表した。学部の入学定員は、前年度比288人減の95,693人。横浜国立大学などで5学部が新設される。大学院の入学定員は、前年度比222人増の59,033人。

大学学生定員(学部)

 国立大学の学部の学生定員は、前年度比288人減の95,693人。学部の新設は、東京海洋大学(海洋資源環境学部)、横浜国立大学(都市科学部)、新潟大学(創生学部)、滋賀大学(データサイエンス学部)、島根大学(人間科学部)の5学部あり、598人の定員増。学部・学科の廃止は9大学であり、958人の定員減となった。

 一方、大学院の学生定員は、前年度比222人増の59,033人。内訳は、修士課程42,094人(前年度比153人増)、専門職課程3,144人(前年度比91人増)、博士課程13,795人(前年度比22人減)。このうち北海道大学では、医学研究科を廃止し、医学院を設置。医理工学院、国際感染症学院、国際食資源学院という3つの国際大学院を新設する。

 なお、文科省によると、入学定員は各大学の平成29年度学生受入れ予定を集計したもので、概算要求や設置審査に係わるものが含まれているため、今後変更の可能性がある数値だという。

《リセマム 奥山直美》

最終更新:9月1日(木)11時54分

リセマム