ここから本文です

完全に球体化!アザラシ奇跡の一枚 撮影方法を京都水族館に聞く オットセイと水槽越しにキスする写真も

withnews 9月3日(土)7時0分配信

 京都水族館がツイッターに投稿したアザラシの写真が、「かわいすぎる」と話題になっています。水槽の中を泳ぐ様子を真正面から撮影したものですが、まるでボールのようにまんまるに見えるのです。どうやって撮影したのか? 水族館に聞きました。

【画像】オットセイと水槽越しにキス、水槽で直立するヒカル。1日500個売れる「すいぞくパン」も紹介

7歳オスの「ヒカル」

 撮影されたアザラシは、京都水族館で飼育されている「ヒカル」です。7歳のオスで、額に白い点のような模様があります。

 ヒカルは、これまでにも縦に長い水槽で直立したように見えるポーズや、オットセイと水槽越しにキスをするような写真を撮られたことがある人気者です。

名前呼ぶとやってくるペンギンも

 今回の写真がツイッターに投稿されたのは8月28日ですが、撮影されたのは中旬ごろ。機嫌がよく、水槽の外に興味を示していたとき「真正面から撮るとかわいいかも」と狙って撮ったところ、想定以上にまんまるの写真になったそうです。

 撮影のコツについて担当者は「いきものをじっくり観察して、可愛いポイントや注目する部分を決めて撮影すると、個性がよく出るのではないでしょうか」とアドバイスした上で、「名前を呼ぶとこちらへやってくるケープペンギン『まる』など、個性豊かないきものがたくさんいます。表情やしぐさなど、時間をかけてじっくりと見てみてください」と話しています。

最終更新:9月3日(土)7時0分

withnews