ここから本文です

「天声人語 2016年9月1日」

朝日新聞デジタル 9月1日(木)7時0分配信 (有料記事)

 1964年の東京五輪は多くのスターを生んだ。マラソンの円谷幸吉やアベベ。バレーボールの「東洋の魔女」。観客を魅了した一人が、旧チェコスロバキアの体操選手ベラ・チャスラフスカさんだった。おととい74年の生涯を閉じた▼三つの金メダルを手にし、当時はアイドルのような人気だった。電報や手紙が山のように届き、録音テープに声を吹き込んでほしいとの申し出もあったと自伝にある。覚えたばかりの日本の歌をうたったという▼しかし68年の「プラハの春」をきっかけに、運命が暗転する。自由化運動を支持する政治姿勢を貫いたため、体操界から追放された。……本文:1,176文字 この記事の続きをお読みいただくには、朝日新聞デジタルselect on Yahoo!ニュースの購入が必要です。

  • 通常価格:
    390円/月(初月無料)
  • 会員価格会員価格:
    324円/月(初月無料)

サービスの概要を必ずお読みいただき、同意の上、ご購入ください。

Yahoo!プレミアム会員登録はこちら(月額498円)

朝日新聞社

最終更新:9月1日(木)7時0分

朝日新聞デジタル

いかにして巨大イカを見つけたか
人類は水中撮影を始めたときから巨大イカ(ダイオウイカ)を探し求めてきました。しかしその深海の怪物を見つけることは難しく、今まで撮影に成功したことはありませんでした。海洋学者であり発明家でもあるエディス・ウィダーは、ダイオウイカの初の撮影を可能にした知見とチームワークについて語ります。