ここから本文です

ライアン・レイノルズ、『デッドプール』脚本家のギャラを自腹で支払い!?

cinemacafe.net 9月1日(木)11時45分配信

日本でも大ヒットした『デッドプール』だが、撮影時に主演のライアン・レイノルズが脚本家たちのギャラを自腹で払っていたことが明らかになった。

【写真】ライアン・レイノルズ/フォトギャラリー

『デッドプール』は脚本家のポール・ワーニックとレット・リース、そしてティム・ミラー監督とライアン自身が6年もの間、携わっていた企画で、ライアンが脚本家2人にも撮影現場に毎日来てもらいたいと望んだという。

「でも(製作の)20世紀フォックスは、僕らの撮影現場訪問に対してはギャラを出さないという。すると、ライアンが代わりに支払ってくれたんだ。彼自身のポケットマネーでね」とポールとレットはAMCの番組「Geeking Out」で語った。

『デッドプール』は本国アメリカでも記録的な大ヒットとなり、ライアン・レイノルズをはじめ製作陣にボーナスが支給されたという。続編製作も決定しているが、来年予定されている撮影時には、脚本家たちのギャラはちゃんと製作側が支払うことになるだろう。

最終更新:9月1日(木)11時45分

cinemacafe.net

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。