ここから本文です

ユーザベースが企業・業界情報プラットフォーム「SPEEDA」で「自動ターゲティング」

Web担当者Forum 9/1(木) 14:06配信

情報インフラ事業のユーザベースは、同社が展開する企業・業界情報プラットフォーム「SPEEDA」で、営業候補先を自動的にリストアップする機能「自動ターゲティング」を始めた、と9月1日発表した。営業支援・CRM(顧客関係管理)ツールのセールスフォース・ドットコム、名刺管理サービスのSansanと連携して展開する。α版での提供となり、テストユーザーだけが利用できる。SPEEDAは企業情報、業界レポート、市場データ、ニュース、統計などさまざまなビジネス情報をカバーしている。

自動ターゲティング機能は、7月に開始した「ターゲットリスト」機能を進化させた。同機能はSPEEDAが格納する115万社以上の国内企業データから該当企業をリストアップし、業界、地域、規模などで絞り込んで営業候補先をリストアップする。自動ターゲティング機能はさらに、セールスフォースのCRMツール「Salesforce」とSansanの名刺管理サービス「Sansan」で管理する顧客情報を取り込み、SPEEDAの企業情報とひも付ける。アルゴリズムは営業やマーケティング結果を学習して改善する。

最終更新:9/1(木) 14:06

Web担当者Forum

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

「水中に潜む本当の危機」
インドガリアルとキングコブラはインドの象徴ともいえる爬虫類ですが、水質汚汚濁のために存亡が危ぶまれています。環境保護者のロミュラスウィトカーがこの素晴らしい動物たちの貴重な映像をお見せして、彼らのそして私達の生活を支えている川の保全を訴えます。