ここから本文です

AWS ユーザー特化の SaaS 型セキュリティ監視サービス提供開始(MBSD)

ScanNetSecurity 9月1日(木)15時30分配信

セキュリティ診断やエンタープライズ向けセキュリティコンサルティングなどを提供する三井物産セキュアディレクション株式会社( MBSD )は 9 月 1 日から、アマゾン ウェブ サービス( AWS )ユーザーに特化した クラウドセキュリティサービス「 AWS セキュリティ監視サービス secured by Alert Logic 」を提供開始した。

他の写真を見る

同サービスは、米 Alert Logic 社が提供する IDS、WAF、SIEM、SOC を全てオールインワンした AWS ユーザ向けクラウドセキュリティサービスと、MBSD の SOC による 24 時間監視がセットとなっており、MBSD は本サービス提供開始に伴い、AWS 専用の新たな SOC 部隊を立ち上げて準備を行った。MBSD SOC は、 Alert Logic 社の SOC と連携して解析などを行う。

MBSD によれば、SQL インジェクションのようなオンプレミス環境で発生している攻撃はクラウド環境でも同様に発生しており、かつ攻撃手法は日々変化しているという。

現在の販売パートナーは、AWS プレミアコンサルティングパートナーであるクラスメソッド株式会社、株式会社サーバーワークス及び、データセンター事業者のNHNテコラス株式会社の 3 社。サービス提供価格は月額 30 万円から。初年度 50 社から 100 社への導入を目標とする。

(高橋 潤哉)

最終更新:9月1日(木)15時30分

ScanNetSecurity