ここから本文です

7月の経常黒字87億ドルに縮小 輸出不振で=韓国

聯合ニュース 9/1(木) 9:34配信

【ソウル聯合ニュース】韓国銀行(中央銀行)が1日発表した国際収支(速報値)によると、7月の経常収支は87億1000万ドル(約9000億円)の黒字だった。経常黒字は2012年3月から53か月連続と最長記録を更新したが、単月で過去最大となった前月(121億6000万ドル)に比べると72%程度にとどまった。4月(33億7000万ドル)以来の低水準だ。

 韓国銀行の関係者は「7月は輸出が振るわなかった影響で、経常黒字が縮小した」と説明した。

 7月の商品収支(貿易収支に相当)の黒字は108億1000万ドルで、前月(127億1000万ドル)に比べ大幅に減少した。輸出が前年同月比10.0%減の425億1000万ドル、輸入が同15.1%減の317億ドルと集計された。

 最近の経常黒字は輸入が輸出を上回るペースで減少したことによる貿易黒字の拡大が要因で「不況型黒字」と指摘されている。

 輸出(通関ベース)を品目別にみると、ディスプレーが前年同月比26.5%急減し、主力の乗用車・部品(11.9%減)と石油製品(10.4%減)も2桁減となった。

 7月のサービス収支の赤字は15億3000万ドルで、前月(13億8000万ドル)に比べ拡大した。夏休みで海外旅行客が多く、旅行収支の赤字が12億8000万ドルに膨らんだことが響いた。

 給与・賃金と投資に伴う利子や配当を差し引きした所得収支は5000万ドルの黒字で、前月(12億6000万ドル)から急減した。

 経常移転収支は6億2000万ドルの赤字だった。

最終更新:9/1(木) 10:48

聯合ニュース

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

318歳のホログラムが語るSF世界での愛の未来像
SF作家のモニカ・バーンは、人種、社会そしてジェンダーの型にはまらない登場人物たちが織り成す、豊かな世界を想像しています。このパフォーマンスにおいて、バーンはピラーという登場人物としてホログラムで登場し、人間が宇宙に移住した近未来から、愛と喪失の物語を過去の私たちに向けて発信します。「想像する未来と実際の姿の対比はいつだって面白いのです」とバーンは言います。