ここから本文です

【予告編】北川景子、柴田恭兵の法ギリギリの解剖に迫る!ドラマ「ヒポクラテスの誓い」

cinemacafe.net 9月1日(木)12時15分配信

「さよならドビュッシー」で「このミステリーがすごい!」大賞を受賞した中山七里原作の医療ミステリーを、北川景子が主演を務めドラマ化するWOWOW連続ドラマW「ヒポクラテスの誓い」。このほど、真実を追う女性研修医役の北川さんをとらえた、緊迫感あふれる予告編が解禁となった。

【写真】北川景子&柴田恭兵/連続ドラマW「ヒポクラテスの誓い」

研修医の栂野真琴(北川景子)は、尊敬する内科医・津久場教授(古谷一行)の勧めで、法医学教授・光崎藤次郎(柴田恭兵)のもとで学ぶことに。だが、光崎は、警察で“解剖の必要なし”とされた事故でも、父の無実を信じる少女のために解剖を強行する。光崎のやり方に納得できない真琴だったが、彼の天才的な腕によって明かされる真実を知り、心が揺らぎ始める。しかし、その解剖の先に隠された闇に、真琴自身も巻き込まれることになり…。

本作は、主人公の女性研修医が、偏屈だが解剖の腕は超一流という法医学教授の下で学び成長していく物語を軸に、“法医学”のあり方そのものに迫っていくドラマ。WOWOW初の本格“法医学”ドラマにして、主演の北川さんにとっても初めての医療ドラマへの挑戦となる。

今回解禁となった予告編には、その北川さんをはじめ、柴田恭兵、尾上松也、古谷一行ら豪華キャストが揃って登場。冒頭の「9人のうち8人が、本当の死因がわからないまま火葬されている可能性がある」と語る、尾上さん演じる刑事・古手川のセリフから、私たちが知らなかった司法解剖の実状が伺えてくる。さらに、リアリティを追求した衝撃的な解剖シーンまでも収録されており、超一流の腕を持つ解剖医を熱演する、柴田さん演じる光崎の手術着姿は圧巻のひと言。

「生きている患者を治すために医者になった」と話す、北川さん演じる研修医の真琴は、光崎の下で医師として成長していくはずだったが、光崎は解剖データを集めるため、法に触れそうなギリギリのラインで司法解剖を行っていく。果たして、光崎は何を企み、解剖を推し進めるのか? 謎が謎を呼ぶ法医学ミステリーの真相が、ますます気になるばかりだ。



連続ドラマW「ヒポクラテスの誓い」は10月2日(日)22時~毎週日曜WOWOWにて放送(全5話、第1話無料放送)。

最終更新:9月1日(木)12時15分

cinemacafe.net