ここから本文です

切り札起用が予想される小林悠「相手の体勢を見て自分の良さを出せるように準備したい」

GOAL 9月1日(木)11時26分配信

日本代表は9月1日に行われるロシア・ワールドカップ・アジア最終予選のUAE(アラブ首長国連邦)戦へ向け、8月31日に前日練習を行った。

試合途中からの出場が予想されるFW小林悠は自身の役割について「集中力が切れるころだと思いますし、相手の背後を狙える部分は、相手も一瞬の隙が生まれると思います。そこは試合を見ながら相手の体勢を見て、しっかり研究してピッチに入ったら自分の良さを出せるように準備をしたいと思います」と語った。

続けて、練習中にヴァイッド・ハリルホジッチ監督から国旗を見せられたことを問われ「オリンピック選手のメダリストたちの頑張れっていうメッセージが書いてあって、それを頂いたので、みんなも頑張ろう、みたいな感じでした。すごく嬉しかったですし、違う競技ですけどメダルを取っている選手がたくさんいて、日本もやれるんだっていう気持ちになりますし、自分たちも負けられないなっていう気持ちになるので、すごくいい刺激になりました」と話している。

また、クラブでもチームメイトの大島僚太が再び代表に招集されたことについては「元々僚太はA代表でもやれるなと思っていましたし、A代表の中でも技術はすごく高い。ボールを奪われないところやボールを散らすところ、守備も最近すごく良いし、僚太が出ているピッチに自分も出られればパスが出てくると思うので、それはすごく出たいなっていう気持ちがあります」と代表での共演を熱望した。

GOAL

最終更新:9月1日(木)11時26分

GOAL

スポーツナビ サッカー情報